worls
main

what's_new




worls

3月1日 『月刊正論』(産経新聞社)が発売されました!今回の対談連載は、お笑い芸人ん「スギちゃん」です。かつて海上自衛隊の観艦式で最新鋭護衛艦「いずも」の一日艦長を務め、同行テレビ番組で、海上自衛隊および米海軍の抑止力と自衛隊に対する感謝の言葉を堂々と語った我が同志です。どうぞご笑覧ください。 Amazon

worls

このたび小生はフジサンケイグループより正論大賞「新風賞」を受賞いたしました。これもひとえに皆さまのご声援ご支援の賜物であります。小生はこれからも、日本国および日本人の名誉と尊厳のために全力を尽くして頑張ってまいります。どうぞ引き続きご声援賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

worls

月刊「正論」3月号が発売されました! 今回はの対談インタヴューは、ウルトラセブンで活躍した地球防衛軍ウルトラ警備隊の友里アンヌ隊員こと「ひし美ゆり子」さんです。ウルトラセブンをはじめとする女優人生の秘話を語っていただきました!どうぞお読みくださいませヽ(^o^)丿

worls

平成29年元旦 皆さん新年明けましておめでとうございます! 一年の計は元旦にあり。靖國神社で正式参拝し、御英霊に感謝の誠を捧げると共に、今年も先人の御遺志を継いで祖国日本の精神復興のために全力を尽くすことをお誓いしてまいりました。
 本年も、内外の外交および安全保障の現場を飛び回り、報じられない現場の実情と肉声、そして封印された歴史の真実を様々なメディアを通じて発信してまいります。
私、井上和彦は、今年も日本を貶める内外の邪悪と敢然と戦います! 我れ戦う、ゆえに我れあり! 皆さん、どうぞ本年も引き続きご声援並びにご支援賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
井上和彦 元旦

worls

「月刊正論」2月号(産経新聞)では、今次、安倍首相のハワイ真珠湾慰霊訪問の意義についても論じています。こちらも併せてご一読いただけますようよろしくお願いいたします。

worls

「月刊正論」2月号(産経新聞)が発売されました! 今回の連載対談「日本が好き!」のお相手は、かつてのスーパーアイドル・伊藤つかささんです。かつて「金八先生」で大人気を博した伊藤つかささんが、いまや特攻の母・鳥浜トメさん役で映画や演劇を通じて特攻隊員を顕彰しているのです。そんな彼女のインタヴュー記事をどうぞお読みください。 そして今次、安倍首相のハワイ真珠湾慰霊訪問の意義について論じました。こちらも併せてご一読いただけますようよろしくお願いいたします。

worls

そして中山市長は、大東亜戦争において陸軍特別攻撃隊の先陣を切って出撃して散華された石垣島出身の伊舎堂用久中佐(戦死後2階級特進)率いる陸軍第8飛行師団誠第17飛行隊の伊舎堂隊4機と直掩機6機の顕彰碑の建立に協力された首長であることも忘れてはなりません。  ちなみにこの顕彰碑の碑文は、涙がこみ上げてくるほど素晴らしく、歴史に忠実に「大東亜戦争」と刻まれています。この石碑が建立されている場所は、北朝鮮弾道ミサイルが発射されるとき、航空自衛隊ペトリオットミサイルPAC3が配備される展開地にあり、この顕彰碑は、現代の防人たる航空自衛隊を見守ってくれているのです。   中山義隆石垣市長は、先人への感謝の念を胸に、常に国益を考え、そして断固国民を守り抜く決意を持った沖縄を代表するリーダーです。  どうか皆さん、中山石垣市長を応援してください!

worls

現在、中山市長支援準備中!いましばらくお待ちください! 彼は、平成23年の沖縄県総合防災訓練で、なんとF15戦闘機およびP3C哨戒機など陸海空自衛隊を総動員して石垣市民を守ることを決意した英傑です!どうか皆さん、彼にエールを送っていただけますようよろしくお願いいたします!

worls

さぁ戦うぞ!平成29年は日本反撃の年となる! 来年は面白いことが起きますよ(^^)/どうぞ"Big Project"にどうぞご期待ください!

worls

昨日は、和歌山正論懇話会(産経新聞社)での講演会でした。ご来場頂きました皆さま、本当にありがとうございました‼️ 日本の覚醒のためにご唱和ください! 1日一回 産経新聞 ❗️月に一回月刊正論 ❗️ 隣近所に勧めてください産経新聞❗️

worls

昨日は、那覇市郊外にある脚本家・故金城哲夫氏の書斎を訪れ冥福を祈るとともに、金城さんからパワーをもらってきました。小生にとっては、この書斎はM78 星雲のような場所でした。もし金城さんが、ウルトラセブンを書いてくれなかったら、今の僕はなかったでしょう。頭の中でウルトラ警備隊の曲が流れ続け、こみ上げるものがありました。金城哲夫さん、子供の頃の僕に夢を下さってありがとうございました‼️

worls

しかも‼️ 航空自衛隊那覇基地のエアーフェスタでは、なんと地元の高校生らがF15の格納庫でダンスやエイサーを披露してくれたぞ!涙が出るよ!これが本当のオール沖縄じゃい‼️

worls

驚いた❗️なんと航空自衛隊那覇基地のエアーフェスタでF15の格納庫に全日空がブースを出して、現役のCAまでもが、空自ブルーインパルス入りのANAのシールを配っていて大感動‼️時代は確実に変わってきているぞ〜o(^▽^)o感動‼️

worls

航空自衛隊那覇基地でのトークショーは凄い賑わいでした!わざわざ九州や大阪から来てくださった方ファンの皆さん、ほんとうにありがとうございました\(^-^)/

worls

月刊「正論」(産経新聞社)が発売されました。今月の好評インタヴュー連載「日本が好き!」のお相手は、タレントの土屋アンナさんです。さてどんな話が飛び出すか、どうぞご覧くださいませ(^_^)v

worls

皆さん、たくさんのご祝辞ありがとうございました。
この度、井上和彦はフジサンケイグループより正論新風賞を受賞いたしましたことを、ここにあらためてご報告申し上げます。
これも諸先輩方のご指導と、皆さまの絶大なるご声援の賜物であったと信じて止みません。心より感謝申し上げます。
井上和彦はこれからも、日本人の正常な安全保障感覚と歴史観、そして日本国の名誉と尊厳を取り戻すために死力を尽くして頑張りますので、引き続きご声援賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます*\(^o^)/*

worls

今日は、ウルトラ警備隊の"アンヌ隊員"こと ひし美ゆり子さんとの対談でした。 月刊正論をどうぞお楽しみに‼️

worls

今日は、台北郊外の海明禅寺で第23軍参謀長としてシナ大陸で活躍された富田直亮陸軍少将の慰霊でした。 富田閣下は、戦後台湾に渡って「白団」(パイダン)を組織し国民党軍を教育した名将で、そのご遺骨がこのお寺に安置されています。 住職が、富田閣下のご遺骨をわざわざ出して丁寧にお経を上げてくれ、続けて我々が国旗を掲げ、閣下のご遺骨を前に国歌「君が代」と「海ゆかば」を奉唱して感謝の誠を捧げて鎮魂を祈ってまいりました。富田閣下のご遺骨を胸に抱き、歴史の重みを腕に覚えつつ、感謝の誠を念じれば熱い涙が込み上げてきました。 もちろん国民党は、228事件とこれに引続く白色テロで数万人もの台湾人を虐殺し台湾人を苦しめ続けた悪魔であり断じて許すことはできません。しかし日本軍人が、憎っくき蒋介石を支援せざるを得なかった事は、終戦直後の東西冷戦の複雑な政治環境下での選択だった事をご理解ください。 何れにせよ我らの先人は、祖国日本のために戦ってくださった英雄であり、感謝の言葉しかありません。どうぞみなさんも台湾に行かれた際には、海明禅寺にお参りくださいませ。 富田直亮閣下、ありがとうございました‼️

worls

今日は、〝台湾のオヤジ〝こと蔡焜燦さんと再会して台湾歌壇に参加してます\(^-^)/

worls

ディンダイフォンの小籠包はメッチャ美味い‼️今夜は最高-!

worls

台北に到着❗️蒸し暑くて汗が吹き出してます‼️ 台湾は素晴らしい❗️

worls

今日は、櫻井よし子先生と"新プロジェクト"の打ち合わせで、小生がイチオシの天ぷら屋さん「味覚」にやって来ました‼️十数年前のデビュー時当からお世話になっている親父さんも櫻井ファン。 やっぱり愛国の料理人が揚げる天ぷらはサイコーに美味しい‼️気持ちもカラッと揚がりましたわ\(^-^)/

worls

学生の頃、大ファンだった伊藤つかささんと〝靖國神社で再会〝!今では、特攻の母 鳥浜トメさん役で映画&演劇に大忙しの彼女と先人の顕彰について語りました‼️ 彼女が毎年靖国神社の「みたままつり」で英霊に“贈る言葉”は胸を打ちます。 国を思い、先人を敬う人はすべてが美しい‼ 懐かしい金八先生の“贈る言葉”が脳裡をよぎります(^_-)-☆ 月刊正論をお楽しみに\(^-^)/

worls

両手に花‼️ 海上自衛隊の歌姫•三宅由佳莉3曹と陸上自衛隊の歌姫•鶫真衣陸士長はまさに自衛隊の花であり、"最強兵器"でもあります。 さぁ今から自衛隊音楽まつりが始まります‼️ 祖国を愛する女性はすべてが美しい‼️

worls

東京【イベントのご案内】お待ちしております!\(^o^)/
第2回 TOKYO憲法トークライブ
    ~「シン・ゴジラ」「災害」と憲法を考える~
日時: 11月12日(土)13:30-  
場所: TKP市ヶ谷カンファレンスセンター7階
主催: NIPPON憲法PROJECT
    070-5554-1881

worls

【講演会のご案内】お待ちしております\(^o^)/
日時: 11月5日(土) 13:30-
場所: アバンセホール 佐賀県佐賀市天神三丁目2-11
演題: 日本人としての誇りを取り戻せ!
    ~大東亜戦争の真実と憲法改正~
主催: 美しい日本の憲法をつくる佐賀県民の会

worls

11月1日 『月刊正論』12月号(産経新聞社)が発売になりました!今月の対談連載の相手は、桂ざこば師匠です。「そこまで言って委員会NP」でおなじみのざこば師匠が大いに語ってくれました。どうぞごご笑覧くださいませ\(^o^)/

worls

今日は、朝霞駐屯地の自衛隊観閲式のロケ。晴天に恵まれ、自衛官の威風堂々たる行進に胸を熱くし、また安倍総理の感動的なスピーチに涙が溢れてきました‼️ 自衛官の皆さん、いつも国の守りをありがとうございます*\(^o^)/*

worls

そして10月10日(祝・月)は大阪中央公会堂で12:30-15:30「大東亜戦争を語り継ぐ会」(産経新聞社・正論調査室主催)が開催されます!今回は二人の海軍エースパイロットをお迎えして話を伺います。ご登壇されるのは、日本海軍きってのエリート戦闘航空隊・第343航空隊”剣部隊”の撃墜王・本田稔少尉と笠井智一上等飛行兵曹です!本田少尉は、ラバウル航空戦で43機の米軍機を撃墜した日本海軍最後の撃墜王です。すでに満杯となっているようですが、いちど主催者にお問い合わせくださいませ!  ではご来場をお待ちしております\(^o^)/

worls

尚、本田稔少尉と笠井智一上等飛行兵曹の活躍は拙著『日本軍はこんなに強かった!』(双葉社)の中で複数章にわたって紹介しておりますので、事前にご一読されておかれると当日のお話がより分かりやすいかと思います。

worls

講演会のお知らせ】 さぁ明日10月4日(火)は、長崎でケンちゃん&カズちゃん講演会です! 九州方面の方は是非ともお越しくださいませ!

worls

8月28日(日)は、大阪中央公会堂で「大東亜戦争を語り継ぐ会」(産経新聞 正論調査室主催)が行われます。おなじみケント・ギルバートさんと生「ケンちゃん&カズちゃん」で、東京裁判とWGIPをぶった切ります!

worls

産経新聞社主催の産経志塾で、封印された日本の近現代史と現代の外交安全保障の関わりについて講演しました。驚いたのは、中学生、将来自衛官を目指す高校生、外務省に入って外交姿勢を変えたいと訴える若者、さらには国を憂うる若い主婦の方が集まってくれていたことです。本当に産経新聞の読者はレベルが高い‼️ こうした志高い若い日本青年らの熱心な眼差しを受け、私は、彼らのためにこそ戦わねば、とあらためて心に誓った次第。日本はまだまだ大丈夫だ!

worls

今日は、半井小絵さん、フィフィ、KAZUYAらと昇殿参拝しました‼️

worls

靖國神社で会いましょう!

worls

8月27日(土)熊本県民交流会館で13:30-16:00まで講演です。演題は「なぜ今憲法改正か」です。どうぞお誘いあわせの上お越しくださいませ!

worls

御礼! 拙著『大東亜戦争秘録 日本軍はこんなに強かった!』(双葉社)はおかげさまで各方面から多数のご意見及びご好評をいただいております。この場より厚く御礼申し上げます。まだお読みない方はどうぞお手にとって、かつて大東亜戦争で死力を尽くして戦ってくれた先人たちの戦いの実相を知ってください! 教科書は絶対に教えない!メディアは絶対に報じない!政治家絶対に語らない大東亜戦争の本当の戦いをどうぞ追体験してみてください!我らが先人に感謝あるのみ!

worls

【井上和彦 最新図書紹介】
『大東亜戦争秘録 日本軍はこんなに強かった!』(双葉社)
 8月9日(火)発売です!!
<内容紹介>
 教科書は絶対に教えない!
 メディアは絶対に報じない!
 政治家は絶対に語らない!
 帝国主義政策をとる日本が、無謀な拡大政策を採用し大惨敗を喫したとされる大東亜戦争。こうした定説を明快に否定してくれるのが本書だ。米軍との死闘を中心に、日本軍がいかに勇猛に戦っていたかを貴重な証言を元に明かす。 これは日本人の「魂の記憶」だ!!

worls

来る8月28日(日)は、大阪中央公会堂で「大東亜戦争を語り継ぐ会」(産経新聞 正論調査室主催)が行われます。おなじみケント・ギルバートさんと生「ケンちゃん&カズちゃん」で、東京裁判とWGIPをぶった切ります! 司会は、半井小絵さんです!! あと残り少なくなっておりますので、お早めにお申し込みくださいませ。 お申し込み要領⇒ お申込み要領

worls

九份もまた素晴らしいところでした‼️ 日本人に、日本人が忘れてしまった多くを思い出させてくれる台湾は、世界一の親日国であり最高の友です! 台湾是台湾! 多謝台湾‼️

worls

台湾北部の金瓜石です。 なんとここには、昭和天皇が皇太子殿下時代の大正11年に台湾を行啓される計画が持ち上がるや、鉱山会社田中組 の社長が、私財をなげうって準備された立派な迎賓館が太子賓館として綺麗に保存され、観光名所となっておりました。台湾人の御皇室への敬愛は日本人に勝るとも劣らぬものがあります。 老台北こと蔡焜燦さんが出征するとき、同級生に語った言葉ー「俺は天皇陛下が好きだ。日本という国が好きだ。だから戦ってくるよ!」 多謝台湾!

worls

そしてこちらは「松園別館」。昭和17年に陸軍兵事部の庁舎として使われた建物がいまも花蓮の観光名所として多くの観光客を集めています。実はこの立派な庁舎は、花蓮から飛び立つ特攻隊員が最後の夜を過ごした建物でもあり、なんと特攻隊員の顕彰が行われているのです。庁舎の隣に残された防空壕には、数々の特攻隊の写真展示と、特攻隊員が祖国を守るために敵艦に突っ込んでいったことを語った素晴らしいアナウンスが、「軍艦マーチ」や「海ゆかば」と共に流れるのです!その中には米軍兵士の特攻隊員への賛辞も含まれており、感動で涙が込み上げてきました。台湾はほんとうに世界一素晴らしい国であり、最高の友です。・・・日本人は台湾に学び、そして先人への敬意と感謝の気持ちを取り戻さねばなりません。多謝台湾!

worls

なんと日本統治時代の花蓮港駅も永久保存されて観光地になってました*\(^o^)/*台湾最高〜!

worls

近年、台湾では日本統治時代の建物が保存され観光地となっているから素晴らしい‼️ 花蓮には、なんとかつての陸軍憲兵隊将校の方々が住んでおられた官舎群が、今も将軍区として観光地になっている。ノスタルジックな雰囲気が最高‼️

worls

さぁ台東から花蓮に向けて列車ピュマ号の旅です*\(^o^)/*

worls

屏東から4時間かけて台東にやってきたぞ〜! なんと台東の鹿野で、昨年10月28日に再建された鹿野神社を参拝しました。昭和6年に建てられていた鹿野神社が、当時と全く同じ場所に、そっくりそのまま再建されたのだから感動もひとしおでした。もちろん小池百合子さんの必勝祈願もいたしました*\(^o^)/*

worls

台湾最南端の屏東県に、かつてバシー海峡で戦没された日本海軍軍人を火葬した火葬場に建てられた霊聖堂で戦没者の慰霊を行ないました。今でも海軍軍人を敬い鎮魂を祈り続けてくれている台湾の人々に感謝しかありません。多謝 台湾‼️

worls

台湾名物 マンゴーかき氷はメッチャ美味しい‼️ @台湾高雄 高雄は30度越えの熱帯夜です。都知事選挙ガ気になってますが、小池さんがリードという情報に接し台湾で盛り上がってます*\(^o^)/*

worls

【講演会のご案内】
そしてこちらはどうぞお早めにお申し込みくださいませ!
残念ながら7月31日の靖国神社における小生の単独講演分はあっという間に満員御礼となっておりますのでご了承くださいませ。
8月28日の大阪中央公会堂におけるケントギルバートさんとの対談講演はまだ若干空いておりますが、すぐに満杯となる可能性があるためお早めにお申し込みくださいませ。では会場でお目にかかりましょう!!

worls

『月刊正論』8月号(産経新聞)は絶賛発売中です! 今回の対談連載は、かつてウルトラマンの科学特捜隊でフジ・アキコ隊員を演じた女優の桜井浩子さんです!思わずあの頃の童心に帰って、いろいろ聞いてみました!そしてあの「南シナ海フォーラム」の内容掲載されております。どうぞ皆さんご覧くださいませ\(^o^)/

worls

沖縄「正論」友の会の講演会は大盛況でした*\(^o^)/*沖縄で頑張っている我那覇真子さんも駆けつけてくれました‼️さぁ立ち上がろう、沖縄 ‼️

worls

台湾是台湾! Taiwan is not China!! 台湾万歳! 台湾は台湾! 台湾は中国ではない!! 台湾万歳!

worls

今日の台北は晴れわたってます!*\(^o^)/* サァ取材だ‼️ 皆さん月刊正論(産経新聞社)をお楽しみに‼️

worls

小生は、台湾にやってきました❗️ 我が台湾の親父である蔡焜燦さんに話を伺います!*\(^o^)/*

worls

私が所属している部署が、一昨年より戦後70年に向けて「あの戦争とは何だったのか」をテーマに、歴史の真実を知っていただくために、ジャーナリストの井上和彦さんをコーディネーターにして、元軍人の方の話を聞く「大東亜戦争を語り継ぐ会」を実施してきましたが、大変好評だったため、今年も靖国神社遊就館にて、7月31日(日」に以下の内容で開催することといたしました。
22日付の産経新聞に告知しましたが、参加者を募集いたします。定員は170人です。
当日は、靖國神社本殿に昇殿参拝し、その後、豪州やミャンマーで新たな取材を敢行したジャーナリストの井上和彦氏が、現地取材で明らかになった歴史の真実を語ります。
次代を担う若者たちにも足を運んでいただきたいと思います。
また、経験値豊かな年配者の方々には、お子さん、お孫さんとぜひご一緒にお越しいただければ幸いです。
日にち:平成28年(2016年)7月31日(日)
時間:11時受付開始 (参集殿前で受付いたします)
   13時昇殿参拝
   13時半講演開始、16時15分講演終了予定
場所:靖国神社「遊就館」2階ホール(東京都千代田区九段北3-1-1)
※東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下駅」出口1から徒歩5分。
入場料:事前予約2,000円、当日2,500円(税込み)
講師:ジャーナリスト 井上和彦氏
【申込方法】
郵便番号、住所、氏名、電話番号、参加人数を、明記の上、以下の通りご応募ください。
[はがき]〒100-8077(住所不要)産経新聞社正論調査室
[FAX]03-3241-4281
[メール]seironevent@sankei.co.jp
※件名に「語り継ぐ会参加希望」と入力してください。
【参加申込締切】7月5日(火)必着。応募者多数の場合は抽選
※7月6日(水)以降、順に入場料振り込み案内をお送りします。お振込み確認後、別便でチケットをお送りします。
【お問い合わせ】産経新聞社正論調査室 03-3243-8454(平日・午前10時~午後6時)
【協賛】大阪冶金興業株式会社
終戦記念日の前となりますが、みなさまのご応募を心よりお待ち申し上げます。

TV出演など

【テレビ出演】

 そこまで言って委員会NP(讀賣テレビ)

 たかじんのそこまで言って委員会(讀賣テレビ)

 全力!脱力タイムス(フジテレビ)

 モーニングCROSS(TOKYO

 情報バラエティー土曜コロシアム(テレビ愛知)

 ニュース女子(TOKYO)

 激論!コロシアム 〜これでいいのか?ニッポン〜(テレビ愛知)

 ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日)

 情報ライブ ミヤネ屋(讀賣テレビ/日本テレビ)

 中井正広のミになる図書館(テレビ朝日)

 モーニングバード(テレビ朝日)

 ヤーヌス(テレビ朝日)

 世界の何だコレ!?ミステリーSP!

 ワイドナショ―B面(フジテレビ)

 かんさい情報ネットten!(讀賣テレビ)

 たかじんNOマネー〜人生は金時なり〜(テレビ大阪)

 教科書にのせたい!(TBSテレビ)

 NEWSアンサー(テレビ東京)

 ザ・プライムショー(WOWOW)

 ナットク!例えるワイドショー(讀賣テレビ)

 朝まで生テレビ(テレビ朝日)

 くらべる!世界なんでも勢力図(関西テレビ/フジテレビ)

 四次元クラブ(テレビ大阪)

 スパモク!!(TBSテレビ)

 ひるおび(TBSテレビ)

 山浦ひさしのトコトン!1スタ(テレビ愛知)

 正義のミカタ(朝日放送)

 世界ぐるっと緊急報告(テレビ愛知)

 ヨソで言わんとい亭 (テレビ東京)

 井上和彦が斬る!(日本文化チャンネル桜

 週刊リテラシー(TOKYO MX)

 石原良純のエネルギーがわかれば世界が見える!(テレビ愛知)

 虎ノ門ニュース8時入り(スカパー!DHCシアター)

 KAZUYA CHANNEL (ニコ生)

 堀潤のウソは許さん!(ニコ生)

 加藤清隆の言ったもんガチ!(TOKAIケーブルネットワーク)

 松本佳子のにちよる(ニコ生)


(製作協力)

・ トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン(テレビ朝日) 2014年11月26日放送



【ラジオ出演】

 ザ・ボイス そこまで言うか!(ニッポン放送)

 5年後の夢を語ろう(ニッポン放送)

 『私の正論』-産経新聞プレゼンツ (ニッポン放送)

 中西一清スタミナラジオ(RKB毎日放送)

 月刊うわトーク!(MBS毎日放送)

 ニュース新発見「インサイト」(RKB毎日放送)

 FMラジオ「セイタロー&ケイザブロー



【著書】(共著・監修含む)

・『日本が戦ってくれて感謝しています 2 』(産経新聞出版)

・『ありがとう日本軍』(PHP)

・『撃墜王は生きている!』(小学館)

・『自衛隊の最強装備』(双葉社)

・『最後のゼロファイター』

・『国民のための防衛白書』(扶桑社)

・『誰も知らない自衛隊の真実』(双葉社)

・『北朝鮮と戦わば』(双葉社) 

・ 総合国防マガジン『自衛隊FAN』(双葉社)

・『自衛隊おでかけぴあ』 (ぴあ)



【新聞】

・『産経新聞』―「正論」欄

・『夕刊フジ』 



【雑誌等】

月刊『正論』(産経新聞)

『SAPIO』(小学館)

『月刊WiLL 』(ワック・マガジンズ)

『VOICE』(PHP研究所)

『歴史街道』(PHP研究所)

『週刊ポスト』(小学館)

『週刊大衆』(双葉社)

『致知』(致知出版)